クラウンマジェスタ

クラウンマジェスタ車種紹介

クラウンマジェスタ車種紹介

クラウンマジェスタは、トヨタ自動車が生産し、TOYOTAブランドで展開しているブランドのオーナーズカーとしては最上級車種になる車で、Fセグメントラグジュアリーセダンと言われています。クラウンマジェスタのマジェスタというブランド名は、イタリア語で威厳という意味があり、英語のマジェスティック(MAJESTIC)からの造語と言われています。クラウンマジェスタは1991年に9代目のクラウンと同時に登場しています。全シリーズにおいてフロントガラス上に情報を表示するというヘッドアップディスプレイという昨日を標準搭載することで、他の自動車と差別化が図られています。1995年に初のフル藻で得るチェンジが行われ、クラウンの特徴でもある横長テールランプが、クラウンマジェスタ独自の縦型テールランプとなり、差別化が図られています。1999年には3代目のクラウンマジェスタが発売されました。ボディー計上が今までのハードトップからセダンに変更され、乗車定員5人の4ドアセダンの形状になりました。3代目クラウンマジェスタは生産終了後もハイヤーや公用車・個人タクシーとして用いられることが多くなっています。その後も2度フルモデルチェンジを行っています。

ホーム RSS購読 サイトマップ