チェイサーの車種紹介

チェイサーの車種紹介

チェイサーの車種紹介

チェイサーはトヨタ自動車が製造・販売していた車で、1977年から2001年まで生産していました。このチェイサーの位置づけは「中型高級乗用車」という位置づけで、マークIIとクレスタの姉妹車として人気があった車です。
初代は1977年から6代目が2001年まで製造されていて、長い期間多くの人に愛された車として人気がありました。初代のチェイサーはライバル車で当時人気があった日産・スカイラインの対抗馬として開発された車でした。
このような経緯があったので、当時販売されていたトヨタマークUのユーザーよりも若い世代をターゲットにした車でした。チェイサーはマークIIとは異なり2600ccモデルやディーゼルエンジン、ワゴン、バンは設定されなかった経緯があります。
そしてチェイサーが2001年6月に生産・販売終了しまして、24年の歴史に幕を閉じた経緯がありました。チェイサーの後継車はヴェロッサとしてチェイサーの魂をヴェロッサが引き継がれた形になります。
このように多くの人がチェイサーに乗って様々な思い出を作った素晴らしい車でした。

ホーム RSS購読 サイトマップ