トヨタ車 中古

トヨタ車※中古車情報

トヨタ車の中古車情報をお伝えしています。

トヨタの中古車って人気ありますよね?
人気の車の探し方や中古車情報をお伝えいたします

 

 

トヨタ車※中古車情報

例えばアリストはトヨタ自動車が販売されている高級セダンとして知られている車です。1991年から2004年まで国内で販売されていましたが、日本国外ではレクサスブランドの上級モデルのGSモデルとして販売されていました。

2004年までは国内でアリストとして販売されていましたが、2005年からは日本国内でもレクサスのブランドで展開して、ここで3代目から完全にGSが移行したために、この時点てアリストの名称が消滅してしまいました。
このアリストは直列6気筒ツインターボエンジン「2JZ-GTE」が採用されたことで、速度違反による無謀運転での事故も相次いデしまうという皮肉な結果になってしまう結果となってしまいました。
またアリストはエンジンのイモビライザーの標準装備化が遅れてしまった欠点があり、イモビライザーが装着されていない2代目のアリストは特に海外の窃盗団などに頻繁に盗難に遭う車種となってしまいました。
アリストは2004年の販売を最後にレクサスのGSとして販売されていて、GSモデルになった現在でも根強い人気がある車種になります。アリストを査定してもらうなら車買取りランキングを参考にしてください

イプサム車種紹介

イプサムは1996年〜2009年までトヨタ自動車で生産していたミニバン型の乗用車になります。車名のイプサムは、ラテン語で「本来の」や「自分自身の」という意味を持つ車で、開発当時に流行り始めていた豪華な装備や付加機能といったものよりも、車としての使いやすさや広さなど、車本来の姿を重視した車になっていました。1996年に発売をされた初代イプサムは、排気量2000ccのガソリンエンジン車と2200ccのディーゼルエンジン車が発売されました。乗車定員は7人の5ドアミニバンです。1998年には長野オリンピックの公式カーとして採用されました。2001年には2代目のイプサムが発売されいましたが、初代イプサムが爆発的な販売台数だったのに比べると、大幅に販売台数を減らしました。このフルモデルチェンジでは、初代にくらべて大型化をし、さらに高級化を図りました。当初5ナンバー車だったイプサムは、この2代目へのフルモデルチェンジで3ナンバー車サイズとなりました。一時期6人乗りのイプサムも販売されましたが、7人乗りの販売台数に比べて低迷したため、廃止されたという背景があります。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ